ビルディング・ブロック・アクティビティ講座

一般社団法人日本ムーブメント・ベース・ラーンニング(MBL)協会 公式講座

ビルディング・ブロック・アクティビティ講座

ビルディング・ブロック・アクティビティ(BBAs)とは?

セシリア・ケスター先生

「Building Block Activity(ビルディング・ブロック・ アクティビティ BBAs)」とは発達の土台を作るエクササイズです。セシリア・ケスター教育修士は特別支援教育の教師として働きながらブレインジムを学び教育現場で活用しました。実際の現場ではブレインジムができない子ども達がたくさんいました。動けない子どもでもできるエクササイズ「BBAs」を開発されました。「BBAs」は受動的なアプローチ方法でマッサージやタッピングなど8種類の動きから構成され2014年9月より日本で紹介されるようになり保護者や支援者の間で広まりを見せています。感覚刺激→衝動性の抑制→コミュニケーション能力の向上を目指すプログラムです。 英語では積み木を順番に積むことを“Building Block Play Activity”と言います。創始者であるセシリア・ケスター先生は、子どもたちの発達段階を積み木にたとえて、「ブロックを積み上げるように発達を促進させる」という意味を込めて、このように名付けられたそうです。 例えば、家を建てるとき、基礎となる土台をしっかり作る必要があります。子どもの発達も同様で基礎となる身体づくり、そして感情が育まれその上に認知学習を積んでいくという順番で成長します。

ビルディングブロックアクティビティの本

発達に凸凹のある子どもたちは、協調運動や眼球運動、微細、粗大運動に困難さが見られることがあります。家庭や教育現場においてBBAsを実践できることで、学習支援や発達支援として困難さの軽減が期待できます。家庭、保育園、幼稚園、児童発達支援センター、放課後デイサービス、児童養護施設などでも活用されています。

こんな方にお勧め

全ての保護者、子どもに関わる教育関係者、教師、介護、医療関係の方

講座内容

  1. 動きの発達・成長に必要なパターンを学ぶための土台になる8つのエクササイズ
  2. 動きと姿勢と脳の機能について
  3. 発達の動きのパターン
  4. 言葉の意図
  5. 特別な配慮が必要な子ども達のアプローチ

受講費

新規: 22,000円(登録費、テキスト代込み) 

再受講:11,000円

日程

<オンライン>

●8時間4日コース(水曜日)

9時30分~11時30分×4回

2021年11月10日・17日・24日・12月1日

オンライン ZOOM(詳細は、お申込み時にお知らせいたします)

●8時間4日コース(日曜日)9時~11時×4回

2021年12月12日・19日・2022年1月16日・23日

<対面>
●8時間2日コース 10時~15時×2日(昼休み1時間)

●8時間4日コース 10時~12時×4日

開催リクエスト受付中♬


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA